• 犬 病気 痙攣

痙攣・ひきつけ・震え

犬が痙攣やひきつけを起こす原因としては、何らかの病気が原因となっている場合がほとんどです。狂犬病や破傷風、脳や神経の異常から痙攣やひきつけを起こすことがあります。犬の体に痙攣やひきつけのような症状が見られた時には、すぐに獣医師に診せましょう。

また、低体温症などの症状がある場合にも震えが起きることがあります。この震えの症状は痙攣ではないのですが、低体温症は非常に危険な状態です。他にもホルモンバランスの異常からも痙攣と似たような震えが起こることも見られていますので、犬の体に震えが起きている時にも、早めに獣医師の診察を受けるようにしてください。

しかし、一時的な震えの症状もあります。たとえば不安や恐怖を感じた時、犬も人間と同じように震えの症状が止まらなくなることがあります。カミナリや地震などの衝撃から震えが止まらなくなることもありますし、犬を急に驚かせた時や、気温が下がって寒くなっている時にも体は震えてしまうことがあります。不安や恐怖からくる震えの場合は、犬のメンタル面にも影響してきますので、もし恐怖や不安が原因で震えが止まらなくなっていたら、気持ちが落ち着くまで優しく抱きしめてあげましょう。人間の体温を感じることで気持ちは落ち着いてきますので、犬に「大丈夫、大丈夫」と言い聞かせてあげてください。

獣医科大学・動物病院が認めた健康補助食品

犬 病気 【動物用健康補助食品 イペット】

獣医科大学も参加して作られた、動物専用の健康補助食品。 全国の獣医にも認められているその成分の効果は折り紙つきです。 愛犬の健康管理のために是非始めて下さい。大切な家族だからこそ いつまでも一緒にいたいですよね。

このページの先頭へ